スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの味 「陽気」 江波店

2010/09/26 Sun

広島でうまいラーメンは?と聞けば、よく出てくる店の名前は「しまい」「陽気」「すずめ」「乙丸」。
広島市民の味といってもいい味だ。

この4軒に深く関わっているといわれる人物がいて、名前は沖稔さん。広島ラーメンを最初に始めた人だと言われている。
沖さんが試行錯誤しながら作り出した味が広島ラーメンの源流で、沖さんの次男と結婚した女性が昭和45年に「しまい」を開業。今では息子や孫までも店に立っている。
「しまい」の女将さんの妹は、昭和62年に「しまい」の暖簾で本家の「しまい」とは違う場所でラーメン店を営んでいたが、その後、昨年、佐伯郡に移転したのをきっかけに「乙丸」と店名を変えて営業している。

一方、沖稔さんの元でラーメンを学んだ弟子二人が独立し昭和32年に「陽気」を、昭和33年に「すずめ」を開業した。横川にある「陽気」は江波の女将さんの弟さんが営んでいるお店だ。

どの店も沖さんのレシピを本線にして各自少々アレンジを加えた「主流派広島ラーメン」である。

と、ブロクを書いているとすんごく食べたくなったので、久しぶりに陽気の「中華そば」を食べに行くことにした。思い出すと口の中が唾液だらけになるのだから、中筋から車で30分の時間をかけて食べに行く価値はあるといつも思う。
陽気は夕方からの営業のため、なかなか訪問できない。
ちなみに名店「しまい」はお昼も営業しており、中筋から車で7分。こちらはちょくちょくお邪魔している。
(しまいは、皮をカリカリに焼いたギョーザも絶品です。)
先月までは午後6時でもかなり明るかったが、9月の下旬にもなると空はうす暗くなっている。
とか、考えているうちに到着。

陽気江波

開店して1時間なのだが、満席。しかし5分も待てば食べ終えたお客さんが店から出てくる。
お客さんはみんな待っている人がいるのを知っているから店で長居はしないのだ。
店に入ってもメニューはない。「何人?」と聞かれるのだ。
壁を見ると

陽気メニュー

そう、メニューは「中華そば 600円」のみ。
だから人数分の中華そばを丁寧にひたすら作っている。

お客さんが数人入ったら麺を釜入れ。大きな寸胴鍋にほぐしながら入れる。
うどんてぼ(煮ざる:一人前ずつ麺をザルに入れ、湯を通して麺を茹でるものです。)
など無粋なものは使わない。
麺をゆでている間、チャーシューが切られていく。今回必要な枚数だけ毎回切るのだ。
スープが張られた器に手際よく立柄そば揚げ(柄のついた中華そばをすくい上げるざる)
で一人前ずつ麺が投入される。
麺の上にチャーシューが並べられる間、これまた今回必要なだけのもやしが茹でられる。
もやしが乗っかって、ネギが乗ったら、完成!!!

陽気ラーメン

チャーシュー4枚入りが定番。うれしい限りです!
麺は太麺でもなく細麺でもないストレート麺で、子供の頃から慣れ親しんだ麺。
学生時代東京で初めてちぢれ麺を食したときは、とても違和感があったのを覚えている。

150x150_square_3432516[1]<中太のツルツルシコシコで茹で加減固めのおいしい麺>

スープは豚骨と鶏ガラで白濁と透明スープの中間くらい。そこに醤油が入ったいわゆる「しょうゆとんこつ」系の味。スープの色は黄色と茶色の中間くらいで、熱々のスープがうれしい。

今日も完食でした。ごちそうさまでした。

★★★★★


スポンサーサイト

カジュアルダイニングレストラン CasaGrande

2010/09/21 Tue

9月の連休は暑い夏の疲れを癒すためにあると思う。
夏バテが残っている体を早期回復させるにはやっぱり「肉」をガッツリ食べたい。

いつもだと想像するのは「肉」⇒「焼肉」となるわけですが、
今日はちょっと違って 「肉」⇒「ステーキ」という連想でした。

Googleで「ステーキ 広島市」と検索すると有名店あgズラリ。
ヒロコシグループの味○亭を筆頭に、ホテクグランビアのステーキハウス○石、
などなど。どこもご予算10,000円~20,000円。
ちょっと庶民には高嶺の花なお店ばかり・・・。

そんな中、「おおっ!なんとナイスでリーズナブルな店じゃぁ!」と発見!
その場所は、みんな良く知っているここ
カーサ外観
明るく光っている展望レストランです。
ここが「 カジュアルダイニングレストラン CasaGrande 」

ではでは、腹も減ったしいざ行かん!

店内

中は落ち着いた空気の中、ファミリーが食事を楽しんでいた。
たまに赤ん坊の泣き声がするが、まあそこは長い年月の間お互い様ですよね。
水とおしぼりとメニューが届いたので、早速食べたいもの探し。
そんな中、私、不思議なもの見つけました!
イタリアビールの広告
「イタリアビール?ビールはドイツでしょぉ!」
と思いつつ、そのビールに引かれている自分がそこにはいた。

ころあいを見計らってウェイターがオーダーを取りに来た。
皆各々にオーダーを通して行く。
オージーフィレ
<フィレステーキ (パン付き) 1,980円> 
フィレのやわらかい食感はたまりません!
グランデグリル
<グランデグリル 1,680円>
リブロースステーキとハンバーグがのったボリュームいっぱいのワンプレートです。
オージーサーロイン
<サーロインステーキ (パン付き)1,980円>
特製デミグラスソース付きです。
パン
パン付きでこの値段は庶民派です。
イタリアビール注ぐ
で、誘惑に負けて’イタリアビール’を注文。クセがなく日本人の口に合う味です。
パスタと一緒に飲むととても合いそうなうまさでした。
★★☆☆☆

野菜の時間

2010/09/15 Wed

第3回 秋冬野菜の植付け その2

12日日曜日の記事の続き。

小松菜の苗の間引きを終えたら、購入してきた苗の植付け。
その前にレタスの発芽状況。
レタスの発芽
<レタスの発芽状況>

こんなちっちゃな苗が、50日後に”シャキ”っとした食感のレタスに変身します。
冬のサラダはトマトやキュウリが無いのが残念ですが、2色のリーフレタスとこの結球レタス
と上手に育たないセロリを混ぜて秋野菜サラダの完成となります。
リーフ植え付け
<左から白菜、グリーンリーフ、レッドリーフ>

小さい畑には白菜と赤キャベツを植えて、苗の植付けは完成。
冬に食べる鍋用の白菜は全部で8個。1回で半分使うのでなべ16回分。
うまく巻いた白菜になればの話ですが・・・。
農家のおばちゃんの話では「白菜は9月9日に植えんさい」とか。
9月9日より早く植えても遅く植えても白菜は巻いてくれないといいます。
自然界の時間の法則は不思議ですよね。
白菜植え付け
<奥は白菜、手前は赤キャベツ>

柚子
<鍋のときに使う予定の柚子>

野菜の時間 

2010/09/14 Tue

第2回 秋冬野菜の植付け その1
翌日の日曜日。
今日は曇り空なので暑さも少しは手加減してくれそう。
野菜の苗や種は近くのホームセンターで買うこともあるが
結構利用するのがJA広島・・・そう、昔の ”農協”です。
農家のおじちゃんやおばちゃんと仲良くなると、野菜を育てるコツなんかも教えてもらえます。
植え付け前プランタ
<植付けを待つプランター>

本日購入した苗は
白菜(8株)、リーフレタス(グリーンとレッドを計6株)、赤キャベツ(2株)
白菜は1ポットに2株入って58円・・・29円/株ってことで、うまく育てばお得です。
レタスは外の葉から摘み取ってサラダになっていくので長い時間サラダを楽しめます。
赤キャベツは結球したら収穫。あまり出番は無いので2株にしました。
リーフ苗
<購入した苗>

植付けの前に2週間前に種をまいた小松菜(プランターNo.1)を間引き。
4日前に種まきした小松菜(プランターNo.2)も順調に発芽しています。
プランターの利点は時間差で植えていくと最初の小松菜を食べ終えた頃、
次の小松菜が育っているといういいサイクルができます。
小松菜早生
<間引きを終えた小松菜(上2個)下はほうれん草>

発芽したばかりの小松菜は本葉か見えた頃、間引きをします。
今回間引いた菜っ葉は、ちりめんじゃこと和えておひたしになりました。
小松菜の発芽
<種まき4日目の小松菜>

小松菜は連作障害が少ないので収穫を終えたら、追肥と貝殻石灰を加えてまた種まきします。
小松菜と同時に結球レタス(スーパーでよく見かけるレタス)と春菊も種まきし、順次発芽しています。
小松菜レタス春菊
<左から、春菊、レタス、小松菜、小松菜>

野菜の時間 

2010/09/13 Mon

第1回 今が植え時秋冬野菜
最近、家庭菜園ブームです。
中国産輸入野菜の汚染状況が報道されてから、みんな「食の安全」
の意識が年々高まっています。

家庭ではおいしくて安全な無農薬野菜を食べたい、誰もがそう思いますよね。
”見栄えよりも中身重視”。大切なことだと思います。

パプリカ
<赤くなりかけのパプリカ>

私の家は建替える前まで小さな畑があり、広島菜や枝豆を出荷していました。
サラリーマンをしながら畑をする親父の姿を見て育ったためか、40を過ぎた頃から
土のにおいを求めて野菜を作り始め、かれこれ3年目。まだまだ新米ながら頑張っています。

この週末は菜園の手入れでした。
夏野菜は収穫が終わり、茎や葉は枯れ果て、夏の終わりを知らせます。

今年の夏は
・トマト(大玉2種類、中玉1種、ミニ2種)
・キュウリ
・冬瓜
・ゴーヤ
・サニーレタス
・シソ(大葉)
・なす(中長、長なす)
・ジャガイモ(メークイーン)
・インゲン(つるあり、つるなし)
・オクラ(六角、丸)      まだ実をつけています。
・ピーマン            まだ実をつけています。
・パプリカ(赤)         まだ実をつけています。
・シシトウ            まだ実をつけています。  などなど

少量多品種と欲張って自宅で食べる量だけを栽培しています。

オクラ
<まだ実をつける丸オクラ>

土曜日午後からトマト、キュウリ、冬瓜、ゴーヤ、シソの枯れた葉と茎を撤去。
作業後の良く冷えたビールを楽しみに汗だくになって動く。
土を耕し土壌再生のための追肥、苦土石灰散布。
プランターの土も畑の土と混ぜ、連作障害を予防する。

植え付け前畑
<屋上の小さい畑>

今回使ったのは有機肥料と堆肥をブレンドし、土をふんわりさせる ”牛ふん堆肥”
臭ってきそうですが、これがほぼ無臭で科学の力はすごいと感心。
もうひとつは通称 ”ゴールデン”。
こちらは粒状の培養土で水はけが良くなり根腐れ防止に効果がある。

土と肥料

そして話は次回に続きます。
プロフィール

Both18

Author:Both18
1963年1月8日広島市生まれ
東京薬科大学卒業
生涯のうち学生時代の5年間を
除いてずっと中筋に住む土着民。
趣味:魚釣り、野菜作り、
   それら食材を使っての料理
   オートバイ(Virago250)
仕事:薬局経営 薬剤師

直営店
広島市安佐南区中筋3丁目27-8
みやなが薬局
広島市西区己斐本町1丁目24-22
みやなが薬局 己斐店
広島市西区古江東町7-8
宮本薬局

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。